時間の有効活用にレビトラ通販を選ぶ   >   副作用に気をつける

副作用に気をつける

頭を抱えている男性のシルエット

勃起をしやすい状態にするために作用してくれるレビトラは、血管を拡張することで男性器への血流を増加させます。このとき、ほてりや頭痛といった副作用が起こりやすくなるのです。
特にほてりは4人に1人、頭痛は10人に1人の割合で起こる可能性があるので、服用後の体調の変化には注意しましょう。一般的に副作用は、数時間で治まることがほとんどです。

ほかにも血管拡張作用による副作用は、めまいや鼻づまり・動悸などの報告があります。稀に目の異常があらわれることもあるようで、いつもよりまぶしく感じたり青い半透明のフィルムを通して見ているようであったり、青と緑の区別がつかないという症状も起こり得るのです。
それらの異常や急激な視力の低下などが起きて、日常生活に影響がでるほどであれば、早急に眼科を受診してください。

正しい服用をしていれば、強い副作用は起こりにくいとされていますが、効果とともに副作用にも個人差があることの理解が必要です。滅多に起こらない症状のようですが、持続勃起症という4時間以上も痛みがある勃起状態が続く副作用も、海外でごく少数ながら発症している報告もあります。
それはレビトラの服用が原因なのか他にも原因があったのか、はっきりしていませんが少なくても持続勃起症が起こる前にレビトラを服用しているという事実もあるので、念の為注意することをお勧めします。

副作用があらわれても徐々に落ち着いてきたり、数時間で治まるなど特に日常生活には悪影響が無い場合は、安静にして様子をみましょう。ただし徐々に悪化したり、長時間に及んで症状が続く場合には医師の診察を受ける必要があるといえます。
自身の安全のためにも、副作用の症状が起きた時にムリに我慢することはせず、辛い場合は医師の指示に従って対処しましょう。